テクノロジー
【記事を参照】
富士の裾野で、未来の街づくりがいよいよスタートします。

トヨタ自動車などが計画を進める、暮らしのあらゆるモノやサービスがネットでつながる実証都市「ウーブン・シティ」の地鎮祭が2月23日、建設予定地の裾野市で行われました。

トヨタ自動車などが進める「ウーブン・シティ」。
裾野市の「トヨタ自動車東日本東富士工場」跡地に新たな街をつくり、自動運転の車を走らせたり、人々が生活を送るリアルな環境のもとでAI技術の導入やロボットなどの新技術を検証したりするものです。
ウーブン・シティには当初は360人程度、将来的にはトヨタ自動車の従業員など約2000人が入居する見込みです。

トヨタ自動車の豊田社長は、「『ヒト中心の街』『実証実験の街』『未完成の街』がウーブン・シティのブレない軸。多様性をもった人々が幸せに暮らすことができる未来を創造することに挑戦します」とあいさつしました。


記事の詳細はこち



【一般の反応】
トライ&エラーこそが企業活動の本質なのだが、バブル期以降は安定こそが最上かつ最良という価値観が日本を覆い尽くしてしまった。
それでもトヨタは歩みを止めないだろう。人も企業も、危機意識と向上心が能力を伸ばす。

ただ未来の車を作る。ではなく、未来の車を走らせるための街自体を作ってしまおうというのはとてもスケールの大きな話ですよね。

大きい会社は、責任だのなんだので、フットワークが悪いのに、日本を代表する大企業がこんなことに挑戦してくれることがすばらしい。

やろうとしている事は海外案件の焼直しだけどね。やらないよりマシ。結果はやってみないとわからない。

私は、未来都市、どうなるのか楽しみです。
利益をこうした夢みたいな方向で使うのは、なかなかできない事だと思います。


【筆者コメ】
色々な意見はあるけど、実際「未来都市」って楽しみだよ(*‘∀‘)