室伏広治 画像
【記事を参照】
室伏さんは昨年秋、歩き方がおかしくなって、転んだりもしたために検査を受けると、脳に腫瘍が見つかった。

すぐに開頭手術を受けたところ、脳腫瘍ではなく、脳原発性の悪性リンパ腫だった
発症者は10万人に一人といわれるほど稀な病気だ。

すでに闘病生活を送っており、昨年末ごろまでは、メソトレキセートという抗がん剤を重ねて投与し、入院期間が長かったという。
ただ、スポーツ庁関係者は、「入院中は病室で公務を行い、幸いにもコロナでリモートワークができる環境なので、部屋でも十分に仕事をこなせたようです」と語る。
スポーツ庁関係者によれば、「順調ならゴールデンウィーク明けには完治し、退院できる」という。事実、ある脳外科医もこう語る。


記事の詳細はこちら



【一般の反応】
オリンピックも大事たが、代わりは居るけど、室伏さん自身の代わりは居ない、体の方がより大事、まず完治を目指してください。

仕事より命の方が大切です。今は治療に専念してください。無事に回復する様に祈念しております。また、元気な姿を見せてください。

室伏さん、闘病中なのに国民の為に働いていただきありがとうございます。
でも、くれぐれもご無理なさらず、今はご自愛ください。

病気は本人が発表しない限り、そっとしてあげて欲しいです。

都内の病院関係者は本人の同意もなく患者情報を外に漏らしているのでしょうか?
守秘義務違反だと思います。これは、警察はしっかり捜査すべきです。


【筆者コメ】
病気の時は休んでほしい。病気でも構わず働くのは間違ってる。
まずは全快を目指してほしいです(;゚Д゚)